認定資格「色彩心理学療法士」について

色で元気!を全国に

色彩心理学療法士について

色彩心理学療法を通して
「私を生きる」ための心理支援を全国に!

色彩心理学療法士と各級のしくみ
色彩心理学療法写真-外部での活動
色彩心理学療法写真-大学での活動
色彩心理学療法写真-子どものための心理支援活動

『色彩心理学療法士』は、一般社団法人日本色彩心理学研究所の認定資格です。

 『色彩心理学療法士』資格は、2004年の当研究所設立以来、15年の月日をかけて実践と研究を育んできた色彩心理学の実践論から生まれた資格です。本資格では、色彩心理学における実践的展開である心理療法「色彩心理学療法」を扱うことを礎とし、個や社会に対して心理支援活動を行うことができます。そのためには、色を心理学的または本質的に考える知識や実践力を3級、2級、1級と段階的に習得する必要があります。3級では人間にとって「色が心にどのように必要か」を広く語ることのでき、くれよんワークが扱える人材、2級では個の課題である「心の全体性の回復」に、絵の具を使った色彩心理学療法を通して取り組む人材、1級では人類の課題である「自然との共生」を目指し、色彩と人間の関係性を見据えた幅広い要請に対応できる人材の育成を目指しています。

 現在、全国でもまだ数少ない色彩心理学療法士は、心理支援活動の他にも、色彩教育、色彩心理学教育や色彩計画活動などにも携わり、生活をする人々が心のバランスをとったり、心の深呼吸ができるような知恵や提案を、メディアや企業との共同企画にのせて発信し注目を浴び始めています。また令和元年9月より1級資格者も、3級色彩心理学療法士の養成や指導を行い、色彩心理学や色彩心理学療法の発展に寄与すること、そして心理支援活動に携わる人材を輩出することにより、より一層日本を元気に、笑顔にしてゆくことに貢献してゆく構えとなりました。

 当研究所で開講する養成プログラムでは、色彩心理学の知識の源泉を学び、色彩の根っこをつかむことで、色や自然という観点から人間を知り、色や自然という観点から人間を癒すこと、またニーズに応じた創造的な仕事が可能になります。「心の時代」と言われる現代、色彩心理学療法士は、「内なる自然とともに歩む」という人類の課題に対して、色彩心理学から取り組んでいきます。本資格は、唯一、一般社団法人日本色彩心理学研究所が認定する資格です。

色と心の心理療法

色彩心理学療法の目的

「色で元気!」を全国に!

色彩心理学療法士の目的:心の全体性の回復と自然との共生

 「色彩心理学療法」は、「創作と対話の庭」とも称され、色を伴う創作表現活動を、療法テーマごとに定められたルールの中で行うことから始まります。つまり、イメージを表すこと、そして自己との対話に至るまでが一連の流れとして展開されます。
 ことばで表したり、意識化する機会がなかった”私のイメージ"との出会いは、このような創作表現活動での色彩遊びによって円滑にかなえられます。個人的に閉じられた心から、集合的に開かれた心までを行き渡り、クライアントの心の全体性を回復するということが色彩心理学療法の目的となります。

 色彩心理学療法は治療行為や医療行為ではありませんが、色彩という自然の力が心全体に対して自然治癒的に働くことから、 生きる上での困難さに行き詰まったり、動くことが鈍く重くなったりしているクライアントの心が、障害や悩みだと思うものを抱え持って歩いていけるだけの心の活力を回復するというところに、色彩心理学療法士の取り組む仕事があると我々は考えています。

 色彩心理学療法によってクライアントの心的活動が円滑に行われるとき、「日常の私」も「本来の私」も呼吸をしはじめ、個人レベルでは「心の全体性の回復」、また人類レベルでは「自然との共生」という目的へと向かっていると考えます。「私」の人生を生きる中で、葛藤する力や創造する力が働くためにも、自然とつながって生きていくことを外の世界だけでなく、内的世界においても実践していく必要があります。

 「色で元気!を全国に!」という合言葉とともに、誰もが楽しめる色彩活動をとおして、色彩心理学療法士は、個人レベルでも人類レベルでも「自然と共に生きる」という生命課題に取り組んでゆきます。

現役色彩心理学療法士の声

色彩心理学療法士インタビュー

色彩と寄り添い、
  心を尽くして生きる事の
    楽しさも大変さも味わえる仕事

あるがままの自分を
  より成熟させていく姿勢を
    もつことができる資格

1級色彩心理学療法士

1級色彩心理学療法士 岸 泉

2級色彩心理学療法士

2級色彩心理学療法士 藤原 由起子

色彩心理学療法士3級・2級・1級

資格試験について

色彩心理学療法士資格試験概要

試験開催月試験種別合格基準通知方法
3級3・7・11筆記・実技70点以上簡易書留にて郵送
2級筆記・実技・面接・自己分析70点以上簡易書留にて郵送
1級筆記・実技・面接・自己分析70点以上簡易書留にて郵送

色彩心理学療法士認定のための資格試験は、各級によって開催月が異なります。
試験内容については、筆記、実技、面談、自己分析、受講審査の5種になりますが、毎年の資格取得状況を鑑みて種類や数は必要なものに変更することもあります。修了見込みが立った方からコーディネーターより最新試験内容をご案内いたしますので、そちらをご参照ください。

色彩心理学療法士資格保有者

*令和元年12月開催の色彩心理学療法士級振り分け試験後、認定資格者名一覧(姓名)を掲載いたします。