メインイメージ1枚目

「色で元気!」を全国に!

色彩心理学療法士2級養成コースのねらい

絵の具を使った色彩心理学療法を扱い

人の心が元気になる場を作れる人に!

 2種類の絵の具を使った色彩心理学療法を通して、 人の心の全体性を回復するために必要な知識や方法の実践的習得を目指します。

各色の性質やふるまいと

人間の心理との関わりをつかむ!

 赤、青、黄、緑、紫、橙。それぞれの色にはそれぞれの仕事があります。 本質的な色の在り方とそれにともなう人間の心理を、体験学習と理論学習で学びとってゆきましょう。色に関わるどんな質問にも、根っこから答えることのできる姿勢が身につきます。

色彩心理学療法士2級養成コース

講座の特徴

就学から資格試験まで、トータル期間8ヶ月で取得可!

水曜日と土曜日のみの開講で、腰を据えて学べるペース配分です。仕事をしながら、家庭を営みながら、子育てをしながら、そんな方でも学ぶ喜び、学ぶ楽しさを見つけている方ばかりです!

全体性を基盤とした理論と実践学習の充実!

理論と実践の両輪を転がしながら学習は進みますが、色彩心理学療法に必要な学びは部分学習だけでなく全体学習が必要になります。必要な分野を掘り下げながら、色と心の関係性の核心へと迫ってゆきましょう。

講師は、現場経験の豊かな現役1級色彩心理学療法士!

講師は経験を積んだ現役の1級色彩心理学療法士です。できる限り多くの体験を積み、ケースを経験しながら自分の対応力を広げ、安心する現場を生むことのできるイメージを先輩療法士から得ながら、重ねてゆきましょう。

取得後も2級対象特別講座などで自主学習応用学習ができる!

資格は取得後もその資格をさらに高めていくことのできる講座、応用し拡大することのできるアイデアなど、情報交換できる講座や場に積極的に参加し、未来の色彩心理学療法士のあり方を志次第で切り開いていくことができます。

色彩環理論(心の3原色理論)全6回必須受講!昇級講座あり!

色と人間の心の関係性を考える上での重要な基幹理論「色彩環理論(心の3原色理論)」が全6講座で展開されます。1度受講しただけでは聞き漏れる事柄や、まだ習得できないことが多いぐらいの宝がここに詰まっています。補講・再受講は在籍期間外であっても自主的に受けていただくことが可能です。 また、資格取得後は昇級講座も開かれています。

どんなことを学習するのかな?

講座の概要

所要期間:

8ヶ月

総授業時間数:

51.5H

就学:

随時就学可

試験:

筆記/実技/面

2級色彩心理学療法論

2講座/3H

  • 色彩心理学療法の目的
  • 色彩心理学療法方法論 etc...

色彩心理学療法士2級では、多彩な色を奏でることのできる絵の具を扱って、色彩心理学療法を行う知識や技術の習得を目指します。そのために必要な方法論をおさえてゆきます。

2級色彩イメージとの対話

1講座/1.5H

  • 本来の私との対話について
  • 対話を深める方法 etc...

色彩心理学療法士は対話力が問われます。来談した方が自分のイメージと対話を深められるために、色彩心理学療法士がやるべき仕事について考察してゆきましょう。2級では対話論学習の他にも、実践形式(色彩心理学療法の時間やケーススタディなど)での対話力向上を目指します。

色彩環理論(心の3原色理論)

6講座/21H

  • 黄と青の本質への接近
  • 黄と青の心理学
  • 緑への接近とその心理学
  • 黄と赤の心理学
  • 青と赤の心理学
  • 真紅への接近と心理学 etc...

色彩心理学の基幹理論であり、色彩と心との関係性を見ていく上での下敷きとなる「色彩環理論(心の3原色理論)」を学びます。黄、青、赤、緑、橙、紫、とすべての色彩の性質や力、そしてその心理学を学ぶことになります。

色彩心理学療法実践

6講座/9H

  • 木を描こう
  • 月を描こう
  • 色彩心理学療法3
  • 色彩心理学療法4

色彩心理学療法士は、色イメージを通して自分自身との対話ができることが前提となります。色を通して自分をより深く知り、心が深呼吸できる時間をもちながら、対話力を培うための自己分析に生かしてゆきましょう。

ケーススタディ

4講座/8H

  • ケーススタディと方法論:木を描こう
  • ケーススタディと方法論:月を描こう

色彩心理学療法士2級では、2種類の絵の具を使った色彩心理学療法を扱います。できる限り多くのケースにあたりながら、そこにどのような心が映し出されているのかを考察する方法を体験学習してゆきます。また、各療法テーマにおける目的やそれに伴う心的活動性などもそれぞれで学習します。

心理学講座

6講座/9H

  • イメージの心理学
  • 影(シャドウ)の心理学
  • 物語の心理学
  • 悪の心理学/創造的に生きる
  • 人間の心の成長とイニシエーション1
  • 人間の心の成長とイニシエーション2 etc...

色彩と人間との繋がりを考える上で、また色彩を本質的に捉えていく上で、必要になる心理学的知識を理論学習してゆきます。

計25講座 / 計51.5H

貴重な声をありがとうございます!

2級色彩心理学療法士の声

私の人生が輝き出したのは、ここでの時間があったから

2012年第2期生 中田 涼子

[Q1]ここでの授業は、あなたにとってどのようなものでしたか。

[A]とても大切な時間でした。自分の感じることを大切にし、どんな自分も受け入れ認めること。もちろん、口で言うほど簡単ではありません。しんどいときもあるし、苦しいときもあります(逃げたくなるときもある…というか、逃げたこともありますが)。でも、私の人生が輝き出したのは、ここでの時間があったからだと思います。特に「自分と向き合う時間」を持てたことが、今の自分に大いに繋がっている<と、いつも感じています。

[Q1]色彩心理学療法士とはあなたにとってどんな資格ですか。

[A]ん~、まだわかりません。すみません。ただ、ひとりひとり、ひとつひとつの存在を、平等に大切に考えることができる、または考えようと努力することができる、その証みたいなものでしょうか。色もそれぞれ1つ1つが大切であるように。わかりにくいですよね。伝え下手ですみません。

[Q1]色彩心理学療法士になる前となった後では、どんな変化がありましたか。

[A]事が起こったときに、部分的ではなく全体を見ることができるようになったと感じます。色彩心理学療法士になる前は、今目の前で起こっていることだけが全てだと感じていたと思います。

[Q1]この学び舎について、または先生方について感じることを教えてください。

[A]これは私が受講生のときから感じていましたが、研究所の講師の方々には言霊があります。そして個性的です。今考えれば、不思議と行きたくなる場所だったなと思います。

[Q1]今現在、色彩心理学療法士としてどんな活動をしていますか。

[A]現在は、当研究所の主任兼コーディネーターを務めています。私は、おそらく(確実に)講師向きではありませんし、私の役割はそこではないと感じています。ここでの学びの灯を灯し続けるためにはどうすればよいかを日々考えること、それが今の私に与えられた使命だと思っています。ただ、学生時代にもっとこういった色の授業があったらよかったのになとは思います。だから若いと言われる世代にも拡がればいいなと思います。(他力ですみません!)

[Q1]これから色彩心理学を学ぼうと思っている方にメッセージをお願いします。

[A]正直に言うと、簡単に取ることができる資格ではないと思います。「はい」と渡されたところで、すぐに使えるような資格でもないかもしれません。おそらく、まだまだ発展途上の分野です。ですが言い換えると、私たちの手でいかようにも創っていける未来があるということだと思います。 ご興味のある方、一度講座を受講されると何か感じていただけるものがあるのではないでしょうか。私自身がそうだったように。

色彩心理学療法士2級養成コース

コース受講料

・色彩心理学療法士2級養成コース

498,000円(税込)

備考

・教材費17,280円が別途必要です。
・分納でのお支払いも受付ております。
・色彩心理学療法士資格試験には、別途受験料がかかります。

色彩心理学療法士3級養成コース

関連リンク

色彩心理学療法士について 色彩心理学療法士1級養成講座

【 お申し込みにあたって】

本講座(2級養成講座)へのお申し込みは、色彩心理学療法士3級資格者が対象となります。
初めての方はまず3級養成コースをご受講ください。